銀座フレンチ「ラール・エ・ラ・マニエール」銀座フレンチ「ラール・エ・ラ・マニエール」銀座フレンチ「ラール・エ・ラ・マニエール」
RESERVATIONS |

NEWS

  • May 31,2020

    【5/31 YouTube公開】軽い食感&口どけのよい ガトーショコラ

    【 軽い食感 & 口どけのよい ガトーショコラ 】


    ■材料 (スリムパウンドケーキ型1台分)


    《 型 》

    • ◆スリムパウンドケーキ型 サイズ(23×6×6)㎝ 容量約1ℓ
    •  ※お好みの型で、焼き時間を調整してください

    《 ガトーショコラ 》

    • ◆チョコレート 100g 
    •  ※おすすめは
    •  ・製菓用のクーベルチュールチョコレート
    •  ・ミルクチョコレートよりもダークチョコレート
    • ◆全卵 3個
    •  ※卵黄と卵白に分ける
    • ◆グラニュー糖 120g(60g+60g)
    •  ※別々に使用するので60gずつに分ける
    • ◆生クリーム 50cc
    • ◆バター 60g
    • ◆ココアパウダー 50g
    • ◆薄力粉 10g

    《 仕上げ用 》 無くてもオーケー

    • ◆生クリーム 適量 ※お好みで
    • ◆ミントの葉やセルフィーユの葉など ※お好みで

    ■作り方


    《 下準備 》

    • ・型のサイズに合わせクッキングシートを敷く
    •  ※詳しくは、YouTube動画をご覧ください
    • ・卵を卵黄と卵白に分ける
    • ・グラニュー糖を60gずつ(卵黄用と卵白用)に分ける

    《 チョコレートとバターを溶かす 》

    • ①クーキングシートをまな板の上に敷き、チョコレートを細かく刻む
    •  ※クッキングシートを敷くとまな板が汚れない
    •  ※クッキングシートの上で包丁を動かす時は、前後に動かすとクッキングシートが切れてしまい破片が混入することがあるので、上から下に垂直に押すように切るとよい
    • ②バターを1㎝位の厚みに切る
    • ③ボールにチョコレートとバターを入れる
    • 鍋に湯を沸かし火から外したら、ボールを浮かべチョコレートとバターを溶かしていく
    • ※途中で混ぜて均一に溶かす

    《 卵黄を泡立て、チョコレートと混ぜ合わせる 》

    • ①大きめのボールに卵黄とグラニュー糖60gを入れ、泡立て器で混ぜる
    •  ※グラニュー糖の粒が溶けるにつれ、卵黄に細かな空気が入り白くなってくる
    • ふんわりとろりとするまで泡立てる
    •  ※生地の跡が軽く残って消えるぐらい
    • ②先ほど溶かしておいたチョコレートとバターをよく混ぜ合わせる
    • ③これを卵黄のボールへ入れ混ぜ合わせる
    • ④さらに生クリームを加え混ぜ合わせる

    《 卵白を泡立てメレンゲを作る 》

    • ①ボールに卵白を入れ、グラニュー糖をほんの少し加え泡立てる
    •  ※ハンドミキサーではなく手で泡立てる場合は、泡だて器をぐるぐる回すのではなく横方向に動かす、力を入れ過ぎないようにし手首のスナップもきかせるとよい
    • ②グラニュー糖を3.4回に分けて入れ、その都度よく泡立てる
    •  ※メレンゲをすくった時にピンとつのが立つまでしっかり泡立てる

    《 メレンゲと混ぜ合わせる 》

    • ① ココアパウダーと薄力粉を合わせてふるう
    • 〈卵黄・チョコレートのボールにメレンゲを3回に分けて混ぜていく〉
    • ②1回目に入れたメレンゲはチョコレートのベースとしっかりと混ぜ合わせる
    •  ※かたさを緩める目的なので、1回目はしっかり混ぜ切る
    • ③2回目のメレンゲは、ボールを少しずつ回しながらゴムベラで底から上へ“の”の字を書くように優しく混ぜ合わせる
    •  ※ここでは完全に混ぜ切らないでよい
    • ④先ほどふるった粉類をもう一度ふるいながら加え、ざっくりと軽く粉気が残るぐらいまで混ぜ合わせる
    •  ※メレンゲを全量入れる前に粉を加えた方が、混ざりやすい&最後に入れるメレンゲの気泡が潰れない
    • ⑤3回目のメレンゲを入れ混ぜ合わせる
    •  ※メレンゲの気泡をできるだけ潰さないように、最後のメレンゲを入れたらあまり混ぜ過ぎないこと
    •  ※メレンゲがダマになって残ってしまっているところがあれば軽く撫でて潰す
    •  ※今回のように卵黄と卵白を別立てにすると気泡が残りやすく、軽い口当たりの口溶けのよいガトーショコラになる

    《 生地を焼く 》

    • ①クッキングシートを敷いた型に生地を流し入れ、底を軽く数回叩き空気を抜く
    •  ※ボールに最後に残った生地は気泡が潰れているので、型の真ん中に入れず隅の方に入れること
    •  ※叩くことで生地が型全体に行き渡り、大きな気泡も消える
    • ②160℃のオーブンで約30分焼く
    • ③オーブンにより異なるので、30分経ったら真ん中に竹串を刺して生地の状態を確認する
    •  ※竹串に生っぽい生地が付いてくる場合は、時間を延長する
    •  ※てっぺんが焦げてしまう場合は、途中でアルミホイル等を被せ調整する
    • ④焼きあがったら熱いうちに型から外し、クッキングシートをはがす
    •  ※型は非常に熱くなっているので火傷に気を付けて作業する
    •  ※型のまま冷ますと形が崩れてしまう
    • ⑤常温になるまで冷まし、冷蔵庫で冷やす
    •  ※一晩寝かせると、味が馴染んでしっとりしてよりおいしくなる

    《 切り分け方 》

    • ①お湯を用意する
    •  ※お湯の温度は50℃ぐらい、お風呂より少し熱いぐらい
    • ②包丁をお湯に入れ温めたら、水気を拭き取る
    •  ※包丁を温めることで生地が少し溶け、切り分けしやすくなる
    • ③一切れカットする度に②の作業を繰り返す
    •  ※包丁に生地が付いたまま切り続けてしまうときれいにカットできない原因になる


    ~ アレンジ ~

    • ・ホイップクリームやアイスクリームを添えたり、ミントの葉やセルフィーユの葉を飾る
    • ・ベリー系やオレンジ系のジャムもよく合う
    • ・ローストしたナッツやドライフルーツを入れて焼くのもおすすめ
    • ・使用するチョコレートをカカオ分が高いものにすると、ビター感のある大人の味わいになる

    ★YouTubeで詳しく作り方をご紹介しておりますので、ぜひご覧ください!

    ★チャンネル登録していただけるとうれしいです!

    http://www.youtube.com/channel/UC4pF4KCktXvpsOzNTBQL7SQ?sub_confirmation=1